AMPSの概要を知りたい方
o 齋藤さわ子:運動技能とプロセス技能の評価(AMPS).OTジャーナル38(7): 533-539, 2004.
o 朝山健太郎:Assessment of Motor and Process Skills (AMPS).精神神経機能とADLの障害.日本臨床62(増刊号): 17-23, 2004.
o 辻薫:子どもの生活技能評価 ―Assessment of Motor and Process Skills(AMPS).OTジャーナル37(3): 181-188, 2003.
o 齋藤さわ子,齋藤英敏:AMPSとラッシュ測定モデル−作業療法のための客観的ADL/IADL評価法とその臨床的応用−.OTジャーナル32: 713-720,1998.
o 吉川ひろみ:作業療法がわかる COPM,AMPSスターティングガイド.医学書院, 2008
o 吉川ひろみ,斎藤さわ子(編):作業療法が分かるCOPM・AMPS実践ガイド.医学書院,2014.

AMPSの具体的使用事例を読みたい方
o 須山夏加,齋藤さわ子,森明子,西川貴久子,石原秋沙:多発性ニューロパチーに対する作業遂行分析に基づく作業療法.作業療法26: 488-494, 2007.
o 高島千敬,松尾善美,齋藤さわ子,井上悟,阿部和夫,南正人,松田暉:呼吸器疾患におけるAssessment of Motor and Process Skillsの応用.
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌17: 71-75, 2007. o 向井聖子:通所リハビリテーションにおけるパーキンソン病事例に対するAMPSの使用 悪化と寛解時の一連の動作の検討.北海道作業療法23(1): 20-27, 2006.
o 森明子,斎藤さわ子,杉村公也:痴呆性高齢者グループホームにおける作業療法評価の試み −AMPSを用いて.作業療法23: 64-72, 2004.
o 京極真,野藤弘幸,山田孝:人間作業モデルは新人作業療法士に効果ある作業療法を可能にさせた.作業行動研究7: 47-53, 2003.
o 齋藤さわ子:Assessment of Motor and Process Skills (AMPS) と作業分析.作業療法ジャーナル34: 37-41, 2000.
o 高島千敬:人工股関節置換術前後の作業遂行能力の推移の検討-Assessment of Motor and Process Skillsを用いた検証-:作業療法27:416-422, 2008.
o 古山千佳子:身体障害の疾患別ADL援助法.酒井ひとみ編 作業療法全書 日常生活活動 協同医書出版社 2009.
o 吉川ひろみ,近藤敏:ニーズと遂行の評価.生田宗博編,作業療法全書 作業療法評価学,協同医書出版社
o高木雅之,引野里絵,古山千佳子,吉川ひろみ:保育園での作業療法士による評価と相談−School AMPSとCOPMを用いて−作業療法31: 32-40, 2012.
o高木雅之、西田征治、近藤敏、上城憲司、馬場美香:在宅認知症高齢者と家族介 護者に対する訪問作業療法の効果ーCOPM,AMPS,GASを用いてー、認知症ケア事 例ジャーナル、5(2):93-99,2012.
o 吉川ひろみ,斎藤さわ子(編):作業療法が分かるCOPM・AMPS実践ガイド.医学書院,2014.
o 福田久徳:意味のある作業への介入が訪問作業療法で効果をあげた事例.作業療法34.p70-76, 2015.

AMPS技能項目の説明
o Fisher, AG 他:作業遂行における技能.山田孝監訳,人間作業モデル 理論と応用 改訂第2版.協同医書出版社,pp. 111-122, 1999.
o 吉川ひろみ:作業療法がわかる COPM,AMPSスターティングガイド.医学書院, 2008.

AMPSとESI技能項目の説明
o吉川ひろみ:作業遂行分析の理論と方法. 小林夏子,福田恵美子編, 標準作業療法学 基礎作業学第2版, 医学書院, pp. 103-116, 2012.

その他
o 西田典史, 岡浩一朗:訪問リハビリテーション利用者における運動技能とプロセス技能に影響を及ぼす要因.作業療法27:128-137, 2008.
o 森明子,杉村公也:女性高齢者の手段的日常生活活動能力と日常記憶能力の特徴 早期認知症の能力評価法の検討.日本老年医学会雑誌44(4): 470-475, 2007.
o 藤原瑞穂, 山内和江, 阿部和夫:【パーキンソン病のリハビリテーションガイド】 パーキンソン病に対する作業療法. MEDICAL REHABILITATION76, 44-52, 2007.
o 吉川ひろみ:身体障害領域における「家事」. OTジャーナル 41(増刊号): 522-527, 2007.
o 齋藤さわ子,横山純子,谷野友江,長谷龍太郎:障害擬似実習で学生が体験できる生活能力と自立して遂行可能な日常作業.作業療法22(8): 342-351, 2003.
o 齋藤さわ子,澤田雄二:APDL課題の慣れの有無による遂行能力差と年齢の影響.作業療法20: 324-331, 2001.
o 原和子,高柳友子,齋藤さわ子,土田隆政,杉村公也:身体障害者の作業遂行過程における介助犬の役割と課題.作業療法19(3): 229-236, 2000.
o 齋藤さわ子:ラッシュ測定モデルに基づくADL/APDL日本人への応用.作業療法17: 61-68, 1998.

Contact

講習会全般に対するお問い合わせはこちらまでご連絡下さい。
今後、講習会の予定はホームページ上に掲載し、講習会開始3~6か月前に募集のメールフォームを掲載いたします。講習会参加の方は各講習会のメールフォームに必要事項を入力し、お申し込みください

Material

配布資料やマニュアルの一部、トラブルシューティング、スコアフォームなどの資料は全てMaterialのページからダウンロードできます。

Troubleshooting

OTAP Softwareに関するお問い合わせはこちらまでご連絡下さい。まずは、Materialのページからupgradeやinstallの手順などをご確認下さい。

About HP

HPに関するご意見・ご要望はこちらまでご連絡下さい。

Recommend